YCCなどの大手サイトでかなりいるようなのが、各地を転々と数か月渡り歩く女性がいることです。近くの住所に登録してあって、今日会いたいと掲示板に掲載され、早速コンタクトをとってみていき、条件面で多分、他の男性に優位な状況であるにも関わらず、今からすぐでないと募集していないと断られるケースが何人かいらっしゃいました。

 

 始めは、旦那のいない時間の合間だから、時間的に制約をかけているのかなぁってくらいにしか思っていませんでしたが、その女性方(複数)は、翌週には、遥か遠くの地方の住所登録になっているのです。
始めは、山口県から静岡県へ、そして新潟県へとか、最初に見た時には岡山県だったのに山口県になっていたり大阪市になっていたりとかです。メールを送ってみると、また戻るからその時連絡するねって感じです。割り切りの出会い系サイトには、こうして全国を旅しているのか、同じ場所でのテリトリー争いがあるのか、普通に働いてこうしたサイトで出会う女性達に貢いでいる立場からすれば、これはプロの部類としか言いようがありません。
そうした女性たちの共通点は、かなりの確率で顔写真をアップしているということでしょうか。

 

 割り切りの出会いに顔写真を載せるということは、(ぼかしたり、一部隠したりしているものも含め)地元リスクがない方が多いようです。やはり、地元で地道に出会い系で稼いでいる女性にとって素性がばれるというのは、かなりのリスクですので、地方都市で、本当の素人に出会うためには、入念なサイト内の日々チェックが必要と思います。
それにしても全国を渡り歩く女性たちは、セミプロというより一匹狼なのか、バックに男か組織があるのかわかりませんので注意が必要と感じています。