出会い系サイトでお隣の市にお住いの人妻さんでした。メールでのやり取りの結果は、ホテル別2で、待ち合わせは、大型ショッピングセンターの駐車場でした。こちらの車の車種、ナンバー連絡後、彼女が登場。美形では体型も整った方でしたが、女性にしては少し大柄だったかな。
車に乗り込んで、軽く挨拶を交わした後は、そこから車で数分で行けるラブホテルへ直行。部屋に入ってすぐ何も言わずに2万円を渡すのが私の接し方です。

 

 お金を渋らず渡すことが、割り切り出会いの約束で大切だと思っています。お金を受け取った後は、女性の警戒心は一気に解きほぐれます。たわいのない話をしながら、さりげなく、ご主人に内緒なのか、ばれないのかなんかを聞き出します。
大抵、しばらくすると一緒にシャワーを浴びようって流れになって、お互い初めて会ってまだ、20分も立たないうちに裸でボディーソープを塗りあい触りあっています。風俗なら当たり前かもしれませんが、近所の素人の人妻だと思うと興奮するものです。
シャワールームの中では、彼女は、積極的にち○こを入念に洗ってくれます。当然、こちらもギンギンに元気な状態になっています。向こうの思いとしては、「しゃぶるモノ」を入念に綺麗にしておきたいという思いもあると思います。

 

 Aさんは、私をベットの上に裸で仰向けになるように言うと持参したローションを使い全身を舐めまわしはじめました。プロの風俗嬢のテクニック並みで驚きました。私は、風俗もよく利用しますが、出会い系割り切りも利用するのは、こうしたプロ顔負けの男を満足させるテクニシャンに時々出会うからです。
最近のデリヘル嬢は、高品質と低品質の格差が拡大してきています。割り切りの金額でこのサービス精神は、きっとリピーターが多いだろうなぁと直感しました。結局そのAさんは、下のお口(ゴム付き)とお口で2回イカセてくれました。