我が国では、今、格差社会と経済格差が社会問題となっています。出会い系の話で何でこんな固い話なんだとお思いになられるでしょう。
自称、出会い系を含む風俗経済評論家論です。格差問題は、風俗業界でも顕著に表れています。高級志向と激安志向の2極化です。

 

 容姿端麗な幸運な運命の女性は、高級店で2時間5万円〜20万円でデリヘルができかつ、そうした店を利用する男性側は、経済的余裕のある方なので、楽に短時間で大金を手にできます。
激安店は、はっきり言ってブスが多く、店として生き残るためにきっちりと厳しいサービス教育をする店とそうでない店に分かれます。激安店の女性は、過酷な労働条件の割にはあまり、稼げていません。
そうした状況が都市部で起こっていることから高級店に雇ってもらえない女性は、地方に出稼ぎに出て行っています。地方相場の方が、一律で、都市部の激安店よりも楽に多く稼げるからです。

 

 この相場傾向は、都市部の出会い系の相場にも言えることですが、ここでは、触れません。都市部で苦労した女性は、地方の風俗で荒稼ぎするようになると貪欲なもので、自家営業を始めます。一応、店に籍をおいておきながら、地方の優良顧客に直メアドや携帯を教えるのです。
すると、店の取り分なしに自己収入が得られることになります。さらに空き時間には、出会い系サイトに登録し、更なる優良顧客の発掘に努めているのです。
これが、出会い系にプロが存在する一因になっていることは、間違いありません。

 

 出会い系サイトの現実ですので、自分が出会い系で求める割り切りについて、誤解のないようにしてください。本当の素人かプロかを掲示板だけで見分けるのは、至難の業ですから、プロに当った時に如何に自己満足感を得るかを考えておくべきです。